« 2014年8月 | トップページ

2014年11月

Fateシリーズのイギリスのサーヴァントまとめてみた

今日、妹と話してて、ちょっとFateシリーズでイギリスのサーヴァント多過ぎないかと思ったので、ちょっとクラス毎にまとめてみた

※真名で書きます。ネタバレのオンパレードです。注意!


<セイバー>
○アルトリア・ペンドラゴン
○アーサー・ペンドラゴン(旧)
○サー・ガウェイン
○モードレッド

<アーチャー>
○ロビン・フッド

<ランサー>
○クー・フーリン
○クー・フーリン(旧)
○ディルムッド・オディナ

<ライダー>
○フランシス・ドレイク
○ゲオルギウス(アポ没)
 ※ピクシブ百科事典で「イギリスの守護聖人」と書いてあったので入れました。しかし、カッパドキア生まれという伝説が一般的らしいです。イギリス(イングランド)の他にも、グルジアとモスクワの守護聖人だそうです、Wiki先生曰く。

<キャスター>
○ウィリアム・シェイクスピア
○ナーサリーライム
 ※「おとぎ話の化身」として考えるなら、特定の国に属するわけではないですが、真名とされている「ナーサリーライム」はイギリスの伝承童謡を指すそうなので、入れます。

<バーサーカー>
○サー・ランスロット
○ジャック・ザ・リッパー(fake)

<アサシン>
○ジャック・ザ・リッパー(アポ)

計15人

・結論
全てのクラスが埋まったので、イギリス英霊だけで聖杯戦争出来るよ!
コレハヒドイwww
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ