« 2012年8月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年1月

戦パラのアバ子の捏造設定

戦パラのアバ子の捏造設定
鈴呉(すずくれ)

正木丹波守利英の妹。
甲斐姫を、憧れを超え、崇拝している。
ノリはBSRの幸村、叫ばないけど。
甲斐姫のことは、「姫(ひい)さま」と呼んでいる。
教養はあるが、体を動かす方が好き。
刀や槍、長刀より、弓矢や投石のが得意。最近は種子島(火縄銃)の練習をしている。
真面目な性格。甲斐姫様によく振り回される。
メジロの「春疾風」を飼っている。春疾風はとても賢く、鈴呉と甲斐姫のことはきちんと認識しており、伝言を届けたりも出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦パラに載せてたSS2

 鈴呉がハッと目を開く。視界に移るのは満天の星空。
 星空を見つめながら、現状を理解出来ず瞬きを繰り返す。すると、頭の横辺りで小鳥の囀りが聞こえ、そちらに顔を向けると、甲斐姫の肩に止まる春疾風が、鈴呉が目を醒ましたことを悟り、鳴いたのだ。
「気が付いた、鈴呉?」
 甲斐姫が問い掛けても、鈴呉はしばらく固まり、そして弾かれた様に起き上がろうとする。しかし、体の痛みに顔を歪め、力が抜けた様に再び体を沈める。
「駄目よ、しばらく安静にしてて」
「姫様、合戦はっ!?」
 自分が気を失う前の状況を思い出し、懸念事項を主君に問う。甲斐姫は苦笑を浮かべながら答える。
「終わったわ、今日はね。結果は、貴方が気を失う前と大差無いわ」
 それを聴いて、鈴呉は力無く顔を真上に向ける。その様子に、甲斐姫は心配そうな視線を向ける。
 鈴呉の見上げた満天の星空が、水面を通しぐにゃりと歪む。目に張った湖から川が生まれ、鈴呉の頬に伝う。
「また、最後まで戦えなかった」
 少しは強くなれたと思ったのに、結局この様だ。自分がもっと頑張れば、勝敗を覆せたかもしれないとさえ考えてしまい、激しい後悔が胸を突き刺す。
「鈴呉は頑張ったよ、あたしは知ってる。鈴呉だけじゃなくて、他の皆も小早川勢の皆もね、そして今日は戦えなかったけど支援してくれた皆も」
 甲斐姫は、その代名詞たる笑顔で言う。
「そうやって本気で頑張れたことは、誇って良いことよ」
 傷に障らぬ様、鈴呉はゆっくり身を起こす。
 悪戯っぽい笑顔で片目を瞑り、甲斐姫が言う。
「それに、今日の戦いは終わったけど、合戦はまだ終わっていないわ。あたしたちは直接戦えなくとも、応援することも、支援することも出来る」
 見つめて来る鈴呉の目を、真直ぐ見つめ返して甲斐姫が続ける。
「まだ負けて無い、明日きっと西軍を見返してやりましょう。直接戦うのは伊達勢でも、これはあたしたちの合戦なんだから」


――――
初の模擬ではない合戦の、甲斐姫勢出陣後に書いた物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦パラに載せてたSS

春疾風
 バンっと大きな音が、縁側の辺りから聞こえた。
 音に驚いて、咄嗟に瞑った目を開き、自室で本を読んでいた鈴呉は急いで縁側に出る。
「な、何だっ!?」
 縁側は、先程の音など無かったかの様に、のどかな様子で、鈴呉の頭に大きな疑問符が浮かぶ。しかし、あの音的に何も無いはずはないと、付近をキョロキョロと見回すと、柱の下で緑色の小鳥が伸びていた。この子が柱にぶつかったのだろうか。
「鶯? いや、鶯は色が茶色のはず」
 鈴呉がマジマジと見ると、その小鳥は鶯色の羽を持っていたが、目の周りだけは白かった。
「メジロ……かな?」
 このままにはしておけないので、伸びているメジロをそっと拾い上げた。

 拾われたメジロは、右翼の骨が折れてはいたが、すごい音でぶつかったわりには元気で、餌もすぐに煉餌から虫などに戻すことが出来た。今では、右翼こそ固定されているが、鳥籠の中を跳ね回ったり、鳴いてみせたりと、元気が有り余っている様子だった。
「す〜ずくれ!」
 自室にて、メジロを眺めていると、主君である甲斐姫が現われた。突然のことに、鈴呉の思考が停止する。
「ひ……」
「ん?」
 固まったままの顔で、喘ぐ様に声を絞り出す鈴呉に 固まったままの顔で、喘ぐ様に声を絞り出す鈴呉に、甲斐姫は笑顔で首を傾げる。
「姫(ひい)様っ!?」
 叫んだのを皮切りに、今度はわたわたと動揺を表す様に手を激しく動かした。
「大丈夫?」
 苦笑しながら、甲斐姫は鈴呉の顔を覗き込んだ。
「こ、この様な所にお越しにならなくても、お呼びくだされば、すぐに参りましたのに!!
 ハっ、それとも私(わたくし)、姫様のお呼びに気付きませんでしたかっ!?」
 その動揺の仕方に、甲斐姫は面白いと思いながら、言う。
「あたしが急に鈴呉の顔を見たくなっただけ。あたしのわがままで毎回呼び出されたら、鈴呉が大変でしょ。それに、たまには鈴呉の部屋にも来たいしね」
 甲斐姫の言葉に、鈴呉は顔を真っ赤に染める。
「そ、その様な……、身に余る光栄です」
 普段言葉を明瞭に話す鈴呉には珍しく、俯きながらボソボソと言う。
「ところで、あの子どうしたの?」
 甲斐姫が鳥籠のメジロを指差しながら言う。
「あぁ、あの子はこの間柱にぶつかって伸びてたので、手当てしたのです」
 伸びていたとは思えないほど元気の良いメジロを覗き込み、甲斐姫が何気無く言った。
「ふぅん。この子、治ったら森に帰すの?」
「……え?」
 その青天の霹靂は、違わず鈴呉を打ち抜き、鈴呉は甲斐姫の気遣わしげな声にも反応出来なかった。

「傷が治ったら、か……」
 縁側で、鳥籠を横に置き、メジロと共に日向ぼっこをしながら、甲斐姫の言葉に思いを馳せる。思っても見なかった甲斐姫の言葉は鈴呉の胸を抉った。
「そうだな、傷が治ったら、森に帰すべきなのだ……」
 近くまで来ているその時が、不謹慎ながら、永遠に来なければ良いと思ってしまった。


 どんなに来るなと思っても、その時は結局来てしまった。
 すっかり傷が良くなったメジロは、籠の中を所狭しと飛び回る。その籠に鈴呉が手を入れると、大人しくその指に止まる。
「選ばせてやる」
 籠から出して、指に止まったメジロに言う。
「お前が森に帰りたいなら、このまま森へ帰れば良い。でも私と共にいたいなら、何時飛ばしても、私の元に戻って来い」
 そのまま立ちすくんでいると、高い囀りと羽音と共に、メジロが戻って来て鈴呉の肩に止まる。
 しばらく固まった鈴呉に、メジロを頬擦りをする。その感触で我に返った鈴呉は、メジロに問い掛ける。
「私と、これからも一緒にいてくれるの?」
 メジロは応える様に一声鳴く。
「有り難うっ!」
 メジロを抱き締める様に手を添える。
「そうだ、名前付けてあげぬと……」
 森に帰す時を思い、付けられなかった名前。でも、もう遠慮する必要は無い。
「お前、疾風の様に速く飛ぶよな。だから、春の疾風で、『春疾風』っ!」
 喜びを表す様に羽ばたき、一声鳴く。それに笑みを零すと、春疾風に向けて言う。
「これからよろしくな、春疾風」
 庭にさわりと、東風が吹いた。

――――
うちのアバ子と、アバターアイテムの鴬との出逢いです
うちの子は、色重視でメジロという設定でした(ガチの鴬は茶色)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2014年2月 »