« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

白2始めました

白2始めました
白のメルロムが微妙ですが、白2始めました
女の子主人公でやってます。♀主可愛い(*^o^*)
名前はユリアで、性格はがんばりやです
ちなみに、ライバルの名前はライアです
今回ポケモソのニックネームは、イタリア人名縛りにしてます
最初に選んだのはポカブ
↓こんな子
ブルーノ:ポカブ♂
おっとり/物音に敏感
.
そして、サンギ牧場で出会ったメリープがパーティー入り
今はモココに進化しました
↓こんな子
メルクリオ:モココ♂
てれや/気が強い
.
メルクリオがツンデレ過ぎる(笑)
.
さて、台詞メモはプレイが進まない原因だと発覚したので、しないことにしました(爆)
そんなわけで、ストーリーについて
まず、主人公のママがどうやらアララギ博士の友人らしい
そんな友人に頼まれ、テンション高めのママがユリアの元に
ポケモソと旅をしたいかという質問にイエスと答えて、第一ステップクリア
図鑑が欲しいかという質問にイエス、第二ステップクリア
というわけで、帽子とメガネが目印のベルを探して街へ
ライアと妹ちゃんに遭遇
ライバルがポケモソ自慢してきたぞ(笑)
ポケモソをもらいに行くという話をすると、ライアも同行することに。広告アニメの背景を参考にベルの所へ
アニメではスッゴい冷凍されてたけど、そんなこともなくポカブと図鑑をもらう
そんでライアとバトル
卵から育てた割には、そのミジュマル弱くないか?←
ライアからポケモソ大切にしろよと、しつこいほど言われる
ついでにユリアを自分の補佐にしたいらしいよ
さて、センターの説明を受け、Bダッシュとタウンマップをもらい、ついでにライアのタウンマップも預かり19番道路へ
ベルにポケモソ捕獲の方法を教わる
そしてサンギタウンへ……って入り口の高いとこでアデクさんに声をかけられたああぁぁっ!! そして、この人また高いとこから降って来たああぁぁっ!!←
てなわけで、アデクさんと遭遇です
鍛えてくださるようで、お家にご招待頂きました
しかしライアへ届けるタウンマップを見て、先に届ける様に言われ、サンギ牧場へ
ライアと合流、タウンマップを渡します
んだら、牧場主の夫婦のヨーテリーが一匹いなくなったとのこと
ライアはそれに過敏に反応、ヨーテリーを探します
そんなこんなでメルクリオをゲットしつつ、奥でヨーテリーとスタイリッシュプラズマ団を発見
ヨーテリーを奪えなかったことに怒って、「やつあたり」の技マシンを投げつけられる
……あ、有り難う←
アデクさんの所に戻る
なんか、見違える様になったから、鍛えるのは無しだそうで、アデクさん恒例イベント、チビちゃんとのバトル
勝利後に、ヒオウギジムにジムリーダーがきたことを聞き、ヒオウギに戻ることに
「あいつは強いぞ」というアデクさんに、彼ですね解りますと返事←
そんなわけでヒオウギジム
トレーナーズスクールの奥にありました。めっちゃ運動場
ジムトレーナー2人を指導してるチェレンと対面
「チャレンジャーだ。2人とも用意して」というチェレンが、大きく感じました←
ほんでバトル。チェレンのジムリとしての初ジム戦だそうです
ミネズミが「ふるいたてる」しか使わなかった件について……その技は、攻撃技使ってこその技ちゃうんかっ!?
そんな感じで勝利
ベーシックバッジをゲット……って、ベーシックバッジっ!?
ジムから出るとベルが。図鑑をパワーアップしてくれます
そしたらチェレンも出て来て、チェレベル2年振りの再会……って、あれから一回も会って無いん!?
その流れで、「ライブキャスターを登録しようと思ってね」っていうのを、ベルとのだと思った私、そこは流石にユリアとでしたか……
そこで、アララギ博士博士からの電話
「ジムリーダーはどう?」と訊かれ、「何時ものパートナーなら」と答えるチェレン、レパルダスとかね
にしても、マルチだったトレーナーは、やっぱり例外を除くと、専門選んでポケモソを制限されるのかな?
そして、さすがというか、良いこと言うアララギ博士
そして、再びヒオウギを出発
途中で出会ったふたごちゃんのアクションが可愛い過ぎる件についてっ!!←
タチワキシティに到着
入った途端、お母さんから電話
タチワキに行ったなら、コンビナートに行ってみりんとのこと、夜景が綺麗らしいよ
んで、ポケセンの前にホミカちゃん
俺はヒウンに行くという父を、船長がいなくなったら困るだろうと、大変常識的に諫めるホミカちゃん
ホミカちゃんって、真面目なキャラだったんだ……
ホミカちゃんが止めるのも訊かず、パパ旅立つ
ホミカちゃんもジムへ
ユリアはコンビナートへ
三人の新人に活を入れて欲しいと頼まれる
無事遂行
ってとこまで進めました
さて、ホミカちゃんとジム戦ですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »