« 白台詞メモ10 | トップページ | カラオケで歌った歌曝す »

白台詞メモ11

[チェレンとアララギ博士がいる]
ア「ハーイ! トウコ!!」
チ「こっちに来なよ」
[チェレンの横へ]
ア「カミツレに呼ばれてでんきタイプのポケモソのこと、いろいろきかれているときにきみたちのこと思い出して……。
で、用事というのはこれ!
ドドーンとサービスよ!!
はいチェレン!
トウコも」
[ハイパーボールをもらう]
ア「一緒にいたいポケモソと出会ったら、惜しむことなくいいボールを使いなさいな。
そのポケモソとの出会いは、それが最初で最後かもしれないんだから!」
[横を向く]
ア「……それと、ポケモソ図鑑の完成をお願いしたわたしがこんなことをいうのもちょっとおかしいけど、旅を楽しみなさいね!」
[また2人の方を見る]
ア「……あっ!
ポケモソ図鑑のこと、なにもしなくていいって意味じゃないのはわかってるよね。
さてと……、ベルに会わなきゃね」
[博士去る]
チ「……ぼくたちを旅立たせるため、ポケモソと図鑑をくれた……、そういうことらしいね、かあさんが教えてくれたよ。
ぼくたちに世界をみせたいからって、きみのママとベルのママ3人でアララギ博士に頼んでね」
[チェレンこちらを向く]
チ「さてトウコ、これからどうしようか。
そうだな……4番道路でまだ捕まえていないポケモソを捕まえることで、感謝の気持ちとさせてもらうかな」
[チェレンも去る]
.
[おじいさんとプラズマ団2人が向き合っている]
P1「じいさん! あんたが育て屋ってのは知っているんだ!
なんたってオレたち、プラズマ団だからさ!」
P2「オレたち、人のポケモソ奪ってんだよ。
育て屋といったら、いろんなポケモソ預かってんだろ。
それをオレらによこせよ!」
じ「なんというムチャを!」
[おじいさん周りを見回し、トウコを見つけて駆け寄る]
じ「おお! 強そうなトレーナーさん、助けておくれ!」
[プラズマ団、トウコの前へ]
P1「ジャマだてするなら、オマエのポケモソを奪うぜ!」
[バイト]
P1「プラーズマー!!
うひゃぁ」
.
P1「!!」
P2「なんだコイツ!
ひとまず逃げるとするか!
遊園地でやり過ごそう!」
[プラズマ団去る]
じ「ありがとうよ!
こいつは気持ちじゃ、遠慮せずにもらってくれ!
新品のじてんしゃでライモンシティを観光する予定だったが……、結局乗らずじまいでな」
[じてんしゃをもらう]
じ「わしは3番道路で育て屋をやっておるんじゃ!
育ててほしいポケモソがいれば、遠慮せずに預けておくれ!
……ふう、観光に来てエライめにあったもんじゃ!」
[おじいさん去る]
べ「ねえねえ! トウコ!」
[ゲートの方からベル来る]
べ「博士に教えてもらったけど、ライモンシティって見所いっぱいなんでしょ!
遊園地でしょ、ビッグスタジアムにリトルコート、それにバトルサブウェイ!」
[くるんと回る]
べ「あたしはミュージカルに行くつもりなの! じゃあねえ!!」
[ベル去る]
.
[遊園地、Nがいる]
N「!」
[トウコの前へ]
N「……プラズマ団を探しているんだろう?
彼らは、遊園地の奥に逃げていったよ、ついてきたまえ」
[Nに連れられて観覧車の前へ。周りを見回し]
N「……いないね。
観覧車に乗って探すことにしよう、ボクは観覧車が大好きなんだ。
あの円運動……、力学……、美しい数式の集まり……」
[2人で観覧車へ]
N「……最初にいっておくよ。
ボクがプラズマ団の王様。」
N「ゲーチスに請われ、一緒にポケモソを救うんだよ」
N「この世界に、どれほどのポケモソがいるのだろうか……」
[観覧車を降りる。プラズマ団2人が来る]
P1「Nさま!」
P2「ご無事ですか!」
N「問題ない。
ポケモソを救うために集った人々も……ボクが守るよ。
ボクが戦うあいだに、キミたちはこの場を離れたまえ。
……さてトウコ、ボクの考え、理解できるかい?」
.
[→はい]
N「その言葉、真意だとうれしいね。
さて……、ボクにみえた未来。
ここではキミに勝てないが、逃げるプラズマ団のため、相手してもらうよ」
.
[→いいえ]
N「そうかい……、それは残念。
さて……、ボクにみえた未来。
ここではキミに勝てないが、逃げるプラズマ団のため、相手してもらうよ」
.
[バトル]
N「キミのポケモソは、なんだかうれしそうだね」
.
N「負けるにしても、見えていた未来と違う? キミは?」
.
N「結果は一緒だった……。
だがキミは……何者だ?」
.
N「……キミは強いな。
だが、ボクには変えるべき未来がある。
そのために……!」
[N、一歩近づく]
N「ボクはチャンピオンを超える。
だれにも負けることのない、唯一無二の存在となり、すべてのトレーナーにポケモソを解放させる!
キミがポケモソといつまでも一緒……! そう望むなら、各地のジムバッジを集め、ポケモソリーグに向かえ!
そこでボクをとめてみせるんだ」
[一歩下がる]
N「それほどの強い気持ちでなければ、ボクはとめられないよ」
[N去る]

|

« 白台詞メモ10 | トップページ | カラオケで歌った歌曝す »

プレイ日記「イッシュ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1207369/43899824

この記事へのトラックバック一覧です: 白台詞メモ11:

« 白台詞メモ10 | トップページ | カラオケで歌った歌曝す »