« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

白台詞8

[アーティに追いつく]
ア「この先がヤグルマの森だよ。
確かに、ここに逃げられるとやっかいかもね」
[アーティヤグルマの森の中へ]
.
[アーティに追いつく]
ア「あのね、ヤグルマの森を抜けるには2通りあるんだ。
まっすぐ行く道と、森の中を抜ける道」
[アーティ、森の奥を見る]
ア「ボクはこのまままっすぐ進み、あいつらを追いかけるよ」
[トウコの方を見る]
ア「いなかったとしても、逃げられないよう出口をふさぐつもりさ」
[森の方を向く]
ア「きみはこっちのルートにプラズマ団が隠れていないか、探してくれないかな。
トレーナーも多いけれど、基本一本道だから迷うことはないよ、きっと」
[トウコの方を向く]
ア「それじゃあ、アロエねえさんのためやりますか!」
[アーティ去る

.
[プラズマ団1人目発見]
P1「!」
P1「しつこい子供め!
追いかけられないよう、ここで痛めつけてやる!!」
[バトル]
P1「なんだよ子供のくせに。しゃらくさいんだよ!」
.
P1「残念!
おれは何も持っていない。
取り返すつもりなら、仲間を探すことだな!」
.
[2人目のプラズマ団を見つける]
P2「あら?
なにかお探しかしら?」
[バトル]
P2「ひょっとしてこのファッションにヤキモチやいてジャマするのかしら」
.
P2「ゴメンね、あたし手ぶらなのよね。
だって、女の子は重い物を持たないでしょ。
なので、他をあたってね!」
.
[3人目のプラズマ団を見つける]
P3「ここまで来たか!
同志が逃げられるよう、おれが足止めしてやるよ!」
[バトル]
P3「われらとおまえとでは、ルールがちがうのだ」
.
P3「そう! おれは時間稼ぎのためだけにここにいたのだ。
はやく追いかけないと、おれたちの仲間逃げちまうぜ!」
.
[4人目のプラズマ団を見つける]
P4「追っ手だと?
まさか仲間が倒されたのか、こんな子供に!?
しかたない!
おれが相手だ!」
[バトル]
P4「プラーズマー! これではポケモソを救えない!」
.
P4「……わかった、盗んだホネは返す!」
[ドラゴンのホネを取り返す]
[一歩下がる]
P4「これで我らの……、そして王様の望みがかなわなくなるのか……」
[後ろから七賢人のアスラが来る]
ス「大丈夫ですか、王様に忠誠を誓った大切な仲間よ」
P4「七賢人さま!
せっかく手に入れたホネをみすみす奪われるとは、無念です」
ス「いいのです。
ドラゴンのホネですが、今回はあきらめましょう。
調査の結果、我々プラズマ団が探し求めている伝説のポケモソと無関係でしたから」
[2人、こちらを見る]
ス「ですが、我々への妨害は見逃せません。
二度とジャマだてできないよう、痛い目にあってもらいましょう」
[後ろからアーティが来る]
テ「ああ、よかった!
むしポケモソが騒ぐから来たら、なんだか偉そうな人いるし、さっきボクが倒しちゃった仲間を助けに来たの?」
[アロエが来る]
ロ「トウコ! アーティ!
ほかの連中はなんにも持ってなくてさ……。
で、なんだい、こいつが親玉かい?」
ス「わたしはプラズマ団、七賢人の1人です。
同じ七賢人のゲーチスは言葉を使い、ポケモソを解き放たせる!
残りの七賢人は、仲間に命じて実力でポケモソを奪い取らせる!
だが、これはちと部が悪いですな。
むしポケモソ使いのアーティに、ノーマルポケモソの使い手アロエ。
敵を知り、己を知れば百戦して危うからず……。
ここは素直に引きましょう。
ですが、我々はポケモソを解放するため、トレーナーからポケモソを奪う!
ジムリーダーといえど、これ以上の妨害は許しませんよ。
いずれ決着をつけるでしょう。では、その時をお楽しみに……」

(以下、メモ消えたorz)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »