« プラチナ台詞メモ37 | トップページ | 白台詞メモ »

Don't forget 3.oct.11(ハガレン:ミュンエド)

 エドワードは、フゥと小さくため息を吐くと、本に落としていた視線を、上へと上げる。本の世界に意識が潜り込んでいる間は気付かなかったが、随分と体が凝り固まっている様だ。それをほぐすべく、思いっきり伸びをする。背骨付近から、ポキポキと小さく鳴り強張りがほぐれるのを感じ、心地良い。
 後ろに仰け反ったまま、瞑っていた目を開く。すると、背を向けていた壁に掛かっているカレンダーが目に入る。
 今日を示すのは「3.oct」。
 ゆっくりと上体を起こしたエドワードは、体を捻り、カレンダーを正視する。
「Don't forget(忘れるな)って、刻んだはずだったのにな」
 口元に、自分に対する嘲笑が浮かぶ。
 いくらこの頃暦を意識する暇もない生活をしていたとはいえ、今日が十月三日であることを、昼過ぎた今になって気付くとは。いくら、此処ミュンヘンの暦と、アメストリスの暦が同じとは限らないとはいえ、あの日が数年まえの今日に違わぬ証拠がないとはいえ、……あの日と求めるものがまったく違うとはいえ、あまりにもなことだった。
 パンッパンッ。両の頬を叩いて、気合いを入れ直す。義肢で打たれた右の頬が、左よりも痛い。
「Don't forget(忘れるな)!
 必ず帰るからな、待ってろよ、アル」
 決意を込めて呟くと、機械鎧よりも動きの鈍い義肢の拳を、握り締めた。

――――
Twitterで、大陸暦・西暦の違いはあれど、今日がエルリック兄弟が家を焼いて旅立ってから100年目だと知り、何かせずにはいられなくなった結果のSSですっ!!
ハガレンに出会えたことに、感謝!

|

« プラチナ台詞メモ37 | トップページ | 白台詞メモ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1207369/42233345

この記事へのトラックバック一覧です: Don't forget 3.oct.11(ハガレン:ミュンエド):

« プラチナ台詞メモ37 | トップページ | 白台詞メモ »